ろ過用途を中心に建材やシリコンなどのフィラーとして、食品添加物である 珪藻土(けいそうど)製品に
関する歴史や工業利用、化学的物質特徴、嵩密度や 粒径などの情報を公開しています。

運営者情報

社名 昭和化学工業株式会社
Showa Chemical Industry Co.,LTD.
本社 東京都港区赤坂2-14-32 赤坂2・14プラザビル
創業 1933年11月
資本金 598百万円
上場証券取引所 東京証券取引所
認証取得 ISO9001認証登録
ハラール認証
主要事業内容 珪藻土及びパーライトの採掘、加工、販売
プール用塩素剤など水処理用化成品の販売 
デオドラントなど生活関連用品の製造、販売
Internet Homepage http://www.showa-chemical.co.jp/

昭和化学工業株式会社と珪藻土

珪藻土は地球上で広く使用されている鉱物ではありますが、商用価値がある鉱区は非常に限られております。 世界の代表的な鉱区は、7か国全14か所であり、この14か所でほぼ全量を産出しております。その中でも米国、中国、日本は埋蔵量が豊富で更に純度が高い原土を産出することができます。

良質な珪藻土鉱床が太平洋付近に多いのは大陸移動による地殻変動が関係していると推測出来ます。
世界の主たる鉱床:(日本 )秋田県、岡山県、大分県  (米国) ロンポック、クインシー、リノ、バーニー、バサルト  (中国) 臨江、長白  (メキシコ)  マンサニーヨ   (チリ) アリカ  (フランス)ムラー、サン・ボジル  (スペイン)アリカンテ

日本においては、鉱区の発見後、多くの珪藻土掘削メーカーが誕生しましたが、第2次世界大戦時に軍需物資に指定されたこともあり、統廃合が度々行われ、戦後の混乱期を経て弊社を含めて数社に収斂しました。
昭和化学工業株式会社は長い社歴を経て、国産珪藻土を供給する日本最大の珪藻土メーカーとなりました。

製糖、建材、担持体、触媒分野と時代が変わるごとに新しい利用開発を続け経済と共に用途を拡大する珪藻土は、最近では地ビールなどクラフトビール用途などでもお使い頂いています。

昭和化学工業では珪藻土専門研究施設を備え、共同研究、共同開発など積極的に新たな用途の開発を進めています。お気軽に相談下さい。
お問い合わせ